百合好きによる百合好きのためのレビュー

このサイトは百合好きによる百合好きのためのレビューサイトです。もし購入をためらっている商品などレビューしてほしい作品がある場合コメントにお願いします。所持している場合は再読して優先的にレビューを行います(未所持の場合は作品次第となります)。また百合作品の情報提供も随時お待ちしております。

たぬきときつねと里暮らし

※この記事における評価は直感によるものであり、相対的なものではありません
※二巻以降が発売されている場合、記事作成時点で読んだ全てを対象としています
※記事にネタバレを含む可能性があります

※画像クリックでamazon商品サイトに飛びます

 作品概要

・タイトル:たぬきときつねと里暮らし
・ 著者 :くみちょう
・  掲載誌 :ヤングジャンプコミックス
・投稿時点での発行巻数:2巻(刊行中)

 評価

・ シナリオ :★★★★★★★★★☆
・  構成  :★★★★★★★★★☆
・   世界観  :―
・   雰囲気  :★★★★★★★★★★
・キャラクター:★★★★★★★★★☆
・    絵   :★★★★★★★★★☆
・  読みやすさ :★★★★★★★★★☆

・  総合  :★★★★★★★★★★
・  オススメ度 :★★★★★★★★★★

 百合的注意点

・百合度:低~
・男性キャラの登場頻度:高
・  男性キャラの邪魔さ :低

 感想など

こんばんは!

は、ということで本日は四月末日。漸く、ついに?現派遣先での最終出勤を終えてきました。三か月間というと長いような短いような、不思議な期間でしたね。とはいえそれなりに学びも得られましたし、価値のあった三か月間だったと思います。

これからは明日には今の賃貸を退去しなければならないので、一週間ほど実家に籠り、GWあけからは次の派遣先での就業が開始します。次も一先ずの契約期間は三か月です。また一から頑張りたいと思います。

 

 

それでは作品紹介に移りましょう。本日紹介するのは百合姫やブレイドからも単行本出版実績のあるくみちょうさんの作品で、「たぬきときつねと里暮らし」です。

 

 <ストーリー>

ブラック会社で身を粉にして働いていた泰葉は、会社を辞め、祖母の実家がある秩父の片隅の田舎町、落葉町へと引っ越した。人生ノープランのまま、しばらくのんびり田舎での生活を満喫しようとする泰葉は、2人の不思議な少女・ももといちに出会う。彼女達にはとある秘密があって…!?

ということで、田舎暮らしの日常系ほのぼのコメディです。ファンタジーな要素はありますが、本質的には重要な点ではありませんね。

 

 <キャラクター>

レギュラーキャラクターはそこそこいますが、その中でもメインとなるのはやはり表紙の三人(?)ですね。

まずは主人公である泰葉古畑ふるはた泰葉やすは)。元ブラック企業勤めの都会人でしたが、会社に忙殺されかけたために、仕事を辞めて祖母の家に引っ越してきました。現在は職に就かずにのんびりと夏休みを満喫しているところですね。何故か懐かれたちびっこ二人とわいわい楽しい日々を過ごしています。

そんな二人のちびっこというのが、いちもも。それぞれにたぬきときつねが化けた?少女で、山でホットサンドとコーヒーを楽しんでいた泰葉と邂逅し、餌付けされてから彼女の(祖母の)家に頻繁に訪れるようになります。実際のところどういう存在であるのかはまだ謎のままです。

この三人(?)以外のレギュラーとしては、泰葉のおばあちゃんと、泰葉が幼いころに遊んでいたという役所勤めの青年・裕介君西村にしむら裕介ゆうすけ)はかなり頻繁に登場します。あとはおいおい、という感じですが、裕介君の妹ちゃん(西村にしむら敦子あつこ)はこれから準レギュラーくらいにはなりそうな予感がしますね。

 

 <百合度>

百合度は低めですね。あくまでほのぼの日常系という感じで、きらら日常系と同等か、もしくはそれよりも低めくらいですね。なお裕介君に関しては基本的に無害だと思うので、気にしなくて大丈夫かと思います。

 

 <総評>

ということで、百合度は低めなのですが作品そのものは非常にお勧めです。くみちょうさんは作品の雰囲気がいいですよね。こういった作品だと、その利点が最大限活かされている感じがします。三巻以降も期待できそうな引きをしていましたし、是非読んでみてください。

それではノ

 

※→こちらはくみちょうさんの百合姫作品ですね。もし未読でしたら、こちらも併せてどうぞ。

 

 

はい、ということで今回もDMMセールからいくつかの作品をピックアップしましょう。本日紹介する作品はコメディ三作品。

まずは表紙からはかけ離れた思いのほか頭のおかしい(誉め言葉)学園コメディ、「ピコン -PIQUANT-」。二つ目はもっと頭のおかしいぷらぱさんのエロギャグコメディ、「あだるトイズ!」。三作品目は瀬田せたさんの描く社会人女性の百合ラブコメディ「百合鍵」。いずれもコメディ色が強めの作品で、シリアス度が低いため明るい気持ちになりたい時やにやにやしたい時にお勧めの作品です。未読のものがあればこの機会に読んでみてください。 

ピコン -PIQUANT- (1)あだるトイズ!百合鍵 〜先輩の秘密をのぞいてみた〜