百合好きによる百合好きのためのレビュー

このサイトは百合好きによる百合好きのためのレビューサイトです。もし購入をためらっている商品などレビューしてほしい作品がある場合コメントにお願いします。所持している場合は再読して優先的にレビューを行います(未所持の場合は作品次第となります)。また百合作品の情報提供も随時お待ちしております。

雨と君の向こう

※この記事における評価は直感によるものであり、相対的なものではありません
※二巻以降が発売されている場合、記事作成時点で読んだ全てを対象としています
※記事にネタバレを含む可能性があります

f:id:you_mizushiro:20190104002417j:plain



※画像クリックでamazon商品サイトに飛びます

 <作品概要>

・タイトル:雨と君の向こう
・ 著者 :百乃モト  原作:桜家ゆきの
・  掲載誌 :ガレット
・投稿時点での発行巻数:1巻(完結)

 <評価>

・ シナリオ :★★★★★★★★☆☆
・  構成  :★★★★★★★★☆☆
・   世界観  :―
・   雰囲気  :★★★★★★★★☆☆
・キャラクター:★★★★★★★★★☆
・    絵   :★★★★★★★★★☆
・  読みやすさ :★★★★★★★★★☆

・  総合  :★★★★★★★★☆☆
・  オススメ度 :★★★★★★★☆☆☆

 <百合的注意点>

・百合度:中~
・男性キャラの登場頻度:低~
・  男性キャラの邪魔さ :中

 <感想など>

こんばんは!ついに三が日も終わっていよいよ仕事が始まりますね・・・。皆さんの新年の始まりはどうでしたか?私は知っての通りずぅっと寝てました!ダメ人間ですね・・・

さて、本日紹介するのはガレットより二つ目、「雨と君の向こう」です。百乃モトさんというと百合姫や同人で数多く百合作品を描かれているベテラン作家さんですね。そこにご自分でも百合作品を描かれている桜家ゆきのさんが原作を務めるというタッグによる作品です。

お話は主人公の教師とその教え子である女子中学生の恋愛物。大人側が子供側に落とされるというタイプの作品ですね。2巻くらい続くのかと思ったのですが1冊であっさり終わっちゃいました。尤もあれで続く場合大分嫌な展開が予想されたので、個人的にはちょっと安心しました・・・。

少しシリアスぎみの王道恋愛物という感じでしょうか。明るい雰囲気は殆どないので、シリアスな作品が好きな人にお薦めします。

それではノ