百合好きによる百合好きのためのレビュー

このサイトは百合好きによる百合好きのためのレビューサイトです。もし購入をためらっている商品などレビューしてほしい作品がある場合コメントにお願いします。所持している場合は再読して優先的にレビューを行います(未所持の場合は作品次第となります)。また百合作品の情報提供も随時お待ちしております。

ふたりモノローグ

※この記事における評価は直感によるものであり、相対的なものではありません
※二巻以降が発売されている場合、記事作成時点で読んだ全てを対象としています

※記事にネタバレを含む可能性があります

f:id:you_mizushiro:20180816213623j:plain

※画像クリックでamazon商品サイトに飛びます

 <作品概要>

・タイトル:ふたりモノローグ
・ 著者 :ツナミノユウ
・  掲載誌  :サイコミ
・投稿時点での発行巻数:4巻(刊行中)

 <評価>

・ シナリオ :★★★★★★★★☆☆
・  構成  :★★★★★★★★★★
・   世界観  :―
・  雰囲気   :★★★★★★★★☆☆
・キャラクター:★★★★★★★☆☆☆
・   絵    :★★★★☆☆☆☆☆☆
・  読みやすさ :★★★★★★☆☆☆☆

・  総合  :★★★★★★★★☆☆
・  オススメ度  :★★★★★★★☆☆☆

 <百合的注意点>

・百合度:高
・男性キャラの登場頻度:中
・  男性キャラの邪魔さ  :低

 <感想など>

 今回の作品はかなり・・かなり独特な作品です。

百合度は高いです。表紙ギャルっぽい子の方は完全に恋愛感情で、他の主要キャラもかなり絡みがあるのでそこはおすすめポイントとなります。

ただ・・・ただ、かなりやばいです。

何というか、色々と常軌を逸した表現のオンパレード。タイトル通り会話よりモノローグが多いのが特徴なんですが、その表現が悉くすごい(笑) 好きな子のうなじを見て興奮するシーンで「脊椎の波をサーフィンしたい」なんて表現する作者が果たして他にいるでしょうか?(笑)

絵自体も可愛いor綺麗な絵ではないんですが独特の表現力がとてもいい味を出しています。ただこればっかりは好き嫌いわかれそうですけども。

 何にせよ、好き嫌いはかなり分かれるでしょうが私は好きです。

とがった作品もいけるぜ!って方はぜひ。

それではノ